居抜き物件を探すときには専門サイトが便利

3月 28th, 2016

居抜き物件を探すときには、専門サイトをチェックしてみるのが最も手軽で便利な方法となります。通常の賃貸物件とは少し事情が違うものになりますから、総合的な情報サイトではなかなかいい物件を見つけることはできません。専門サイトなら、完全に居抜き物件だけに特化してくれているので、様々な物件のなかから自分の好きなものを選びやすいです。坪数や場所はもちろん、どういった設備が残されているのかもチェックできる場合があります。これは通常の情報サイトではなかなか調べることができないポイントでしょう。しかも、料金は通常の賃貸物件よりも安い場合が多いです。開店資金をあまり用意できないという場合には、他に選択肢がないぐらい便利なものになります。最近は居抜き物件の数が増えてきているので、選択肢の数は非常に多くなっているのが現状です。

居抜き物件のメリット・デメリット

店舗を新規で開店する場合に、良く検討対象となる居抜き物件があります。居抜き物件とは、以前に営業していたテナントが使用していた設備や内装が残っており、そのまま利用できるものを指しています。新規で店舗を開業する際に、出店時のコストを大幅に低減できることから、飲食店、物販、歯医者、美容室など特定の設備が必要となる業種で、利用を検討されるケースが多いのが特徴です。コスト面では大きなメリットがある居抜き物件ですがデメリットもあります。設備が実際の営業時に本当に流用できるのか、イメージ通りの内装になるのかなど、自由度の面で制限されるケースも多々ありますので注意が必要です。また、店舗が撤退する理由が、営業不振などの場合、集客に問題があるかもしれません。コストメリットに目がいくことで見落としがちなポイントです。

居抜き物件の基本的知識

居抜きのケースでは、前のテナントにとっては解体にかかるコストを倹約できる、造作の譲渡による収益をあげられるといったアドバンテージにとどまらず、譲り渡し直前まで営業活動ができることから解体工事の期間の賃料をはらわずに済むことも考えられます。加えて、ビルの所持者から見れば、空室の期間がなく家賃収入を切らさないことが一番大きいメリットと考えられます。一方で、真新しいテナントは出店するための費用やそれからのランニングコストを安く押えることが実現可能です。その結果損益分岐点も下降して、黒字への切り替えも速度アップするでしょう。しかしながら、居抜きの設備が目的にフィットしていなかったり、インテリア装飾がマッチしなかったりすることもあります。出店の費用のみで居抜き物件を利用するのではなく、前もってニーズをきちんと情報収集することも重要になります。

仲介手数料半額キャンペーも随時実施中です。 世田谷区を中心にした物件探しは、是非当社へご相談下さいませ。 店舗物件の買取や売却のご相談は全国どこからでも可能です! 新鮮な物件情報が多く、スピーディーに対応が可能な居抜き物件情報サイトです! 店舗開業には専門知識が豊富な人材が必要になります。当社にはそんな人材が多数おります。 毎日メールで新着優良物件情報を配信しております。 居抜き物件の一括見積もりができます

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)